浮気経験者の割合と統計

浮気経験者は意外と多い

浮気経験者は多い
最近はタレントや政治家の不倫が大きくマスコミで報じられることも多く、浮気や不倫を耳にすることも増えてきました。
また不倫を題材にしたテレビドラマが放送されるなど、多くの方が不倫が他人事ではなくなりつつあります。
テレビドラマの影響からか退屈な日常に飽きてしまい、刺激的な不倫に憧れる主婦も多くいるようです。
自分の身の回りに不倫をしている人が居ることも珍しくなく、誰でも不倫に陥る可能性があると言えるのではないでしょうか。
そんな身近になってしまった不倫は、実際どれくらいの人が経験しているのでしょうか?各種アンケート等から見て行きましょう。

浮気を経験した事のある人の割合

実際に浮気の経験がある人はどれくらいいるのでしょうか?
各種のアンケート結果からその傾向を見て行きましょう。
こちらのアンケートは、インターネットプロバイダのnihtyが行ったアンケート結果です。

浮気経験の有無アンケート


出典:nifty 何でも調査団 http://chosa.nifty.com/

上記グラフは、「浮気をしたことがありますか?」という質問に対しての答えになります。
このアンケートは現在進行形の浮気ではなく、過去に浮気をしたことがあるかのアンケートになります。

約3人に一人は浮気経験あり
全体の浮気経験の割合は約30%、つまり3人に1人は浮気の経験があると答えています。
浮気はもはや他人事ではなく、いつ誰の起こっても不思議ではないと考えられます。
統計的に考えれば2組の夫婦やカップルが居れば、1人は浮気経験者であると考えられます。
年齢が上がるにつれて浮気率も上がる
過去の浮気も含まれるため当然と言えば当然ですが、年齢が上がるにつれて浮気経験率は高くなります。
考え方によっては、50代や60代の方も浮気をしていると考えられ、浮気は若気の至りではなく中高年のかたも一定数が浮気を行っている結果になっています。
男女の浮気経験率はあまり変わらない
浮気は男性がするものという考えは、現在では通用しない考えのようです。
浮気経験者の割合は女性の方が若干少ないものの、その差は余り無いアンケート結果になっています。
女性も性にオープンになり浮気に対する抵抗感がなくなってきている事や、女性の社会進出が進み浮気をするチャンスが増えたことなども考えられます。
男性も女性も基本的に、浮気をする生き物であると考える必要があるでしょう。
既婚者の方が浮気が多い
表にはありませんが「未婚者」と「既婚者」では、既婚者の方が浮気経験が多いという結果が出ています。
つまり結婚しているから安心なのではなく、結婚している人の方が浮気の危険性が高いと考えられます。
恋愛中は浮気に対する罪悪感が有ったり、他の異性に興味を持たない方が多いだけでなく、浮気をする前に分かれるという選択肢もあるのではないでしょうか。
その反面、結婚後はお互いの関係が冷めてきたり、他の異性に興味を持っても離婚するにはハードルが高いため、浮気をしてしまう可能性が高いと考えられます。
結婚をしているから浮気をされる可能性は低いという考えではなく、結婚後もお互いの関係を有効に保つことが大切と考えられます。
地域差は余りない
東日本で浮気が少なく、西日本で浮気が多い傾向はありますが、その差は余り無く誤差の範囲と考えることもできます。
都会と田舎に関しても、浮気の確率はあまり変わらないようです。
地域による浮気経験者の差は余り無いと考えられますので、何処に住んでいても浮気の危険性は変わらないと考えることが出来ます。
実際はもっと高い可能性がある
このアンケートは「浮気をしたことがありますか?」と2181人に聞いたアンケートになります。
勘が良い方はお気づきかもしれませんが、一度も異性とお付き合いをしたことが無い方の回答も、このアンケート結果には含まれていることになります。
交際経験が無い人であれば、浮気の経験も当然ないと考えることが出来ます。
つまり交際経験がある方の浮気経験率は、このアンケート結果よりも高いと考えることが出来ます。
異性との交際経験が無い人の割合は、20代男性で53%女性で34%、30代男性で38%女性で26%になります。
この人数を分母から引いてしまうと、30代の浮気経験率のは30%を軽く超えてしまうことになります。

こちらのアンケートは、コンドームメーカー相模ゴム工業のアンケート結果になります。

浮気相手が居るかのアンケート


出典:相模ゴム工業 ニッポンのセックス http://sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/

上記グラフは、「結婚相手・交際相手がいる方に対して、そのお相手以外にセックスをする相手はいますか?」という質問に対しての答えになります。
つまり、このアンケートは現在進行形の浮気であり、セックスをしている相手がいる人の割合になります。

現在進行形の浮気は18%
過去に浮気経験がある方が30%いる事に対しては、あまり驚かない方も多いのではないでしょうか?
「長い人生、浮気の一つや二つ仕方が無いよね」と考えることもできますが、現在進行形で浮気をしている人も18%居るという調査結果が出ています。
統計的に考えれば3組の夫婦やカップルが居れば、1人は現在も浮気中であると考えられます。
全体の統計では男性が多い
男性の浮気率は26.9%に対して、女性の浮気率は16.4%と男性の方が浮気率が高い結果が出ています。
現在進行形の浮気に限って言えば、女性より男性の方が多くなるアンケート結果になっています。
つまり、男性の不倫相手は未婚の女性の場合が多いと考えられます。「男性は若い女性が好き」と言う言葉を裏付けるようなアンケート結果になっています。
30~40代の浮気は男女差が無い
全年齢の浮気率では男性が多い結果になっていますが、30代40代で現在進行形の浮気を行っている人の割合は、男女であまり差がない結果になっています。
女性は夫婦生活が長くなり、トキメキを感じなくなった時に浮気を行いやすい傾向にあり、夫婦関係に不満を抱えていると浮気する確率が高くなると考えられます。
また、女性の性欲のピークは30代後半とも言われており、アンケート結果とも一致しています。
男性の場合は性的欲求を持たすために浮気を行うことが多く、年齢に関係なく浮気を行っていると考えられます。
男性は浮気相手が複数いる場合がある
男性の浮気の特徴として、「特定ではない相手がいる」「複数の相手がいる」と答えた方が多い結果になっています。反対に女性は複数の相手がいる人は、非常に少ない結果が出ています。
このアンケート結果からも男性は体目的の不倫が多く、多数の女性とセックスをしたいと、本能的に思うことが結果として出ています。
それに対して女性の浮気相手は1人の場合が多く、体の関係だけでなく心の癒しも求めていると考えられます。

浮気願望がある人の割合

こちらのアンケート、結婚・婚活サイト 恋のビタミンが行ったアンケート結果になります。
浮気願望の有無を男女別に聞いたアンケートになります。

浮気願望のアンケート


出典:結婚 婚活応援サイト 恋のビタミン http://www.koibita.com/common-sense/common-sense060

このアンケート結果は浮気を行った人ではなく、「浮気に対しての願望」をお聞きしたアンケートになります。
浮気には至っていなくても「チャンスが有れば浮気をしてみたい」と考えている人の割合を調査しています。
つまり浮気予備軍であり、強引に求められたり酔った勢いで浮気をするのではなく、自分から浮気をしたいと思っている人の割合になります。

男性の浮気願望は75%
男性では75%の人が浮気願望があると答えています。やはり「男は浮気をする生き物」という言葉は本当だったみたいですね。
男性の特徴としては「浮気願望はあるけどチャンスが無い」と答えた方が28%も居ることが特徴です。
多くの男性はチャンスが無いだけであり、浮気をしたいと思っていることが分かるアンケート結果になっています。
女性の浮気願望は48%
男性よりも大幅に少なくなりますが、女性でも48%の人が浮気願望があると答えています。実際に浮気をしている人と比べると、倍以上が浮気願望があるということになり、浮気を行っていない方でも願望を持っている方が多数いると考えられます。
女性の特徴としては「絶対ない」と答えた方が58%居ることから、「浮気肯定派」と「浮気否定派」の2つに半数ずつ分かれると考えられます。
浮気実行率は女性が高い
浮気願望がある人だけに限って見ると、浮気を実行した人の割合は男性が44%であるのに対し、女性が70%が浮気を実行に移しています。
男性より女性の方が行動力が有るのか、浮気相手を見つけやすいのかは分かりませんが、浮気願望がある女性の多くは実際に行動に移している事になります。

浮気相手とのセックスの頻度

こちらのアンケートは、コンドームメーカー相模ゴム工業のアンケート結果になります。

浮気相手とのセックス頻度


出典:相模ゴム工業 ニッポンのセックス http://sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/

こちらのアンケートは「浮気相手がいる方に対して、そのお相手とは一か月にどの程度セックスをしていますか?」をお聞きしたアンケートになります。

男女で頻度の差は無い
浮気相手とのセックスの頻度は、男女とも一か月で平均2.8回となっており、男女による差は無いというアンケート結果になっています。
2週間に1回以上は行っている事になるため、そこそこの頻度で浮気は行われている事になります。
交際相手に気付かれないように浮気するには、これくらいの頻度が限界になると考えられます。
既婚者より未婚者の方が頻度が多い
既婚者が浮気相手とセックスをする頻度は、一か月で平均2.4回となっており、未婚者が浮気相手とセックスをする頻度は、一か月で平均4.1回となっています。
未婚者の方が浮気相手とセックスをする頻度は、既婚者の1.7倍も多くなっていることが分かります。
原因としては「相対的に未婚者の方が年齢が若いこと」「交際相手と一緒に住んでいない場合も多く、浮気を行いやすい環境にあること」などの理由が考えられます。

アンケート結果から言えること

色々なアンケート結果から言えることは、「男女」「年齢」「地域」による違いは余りなく、全ての人が浮気をする可能性がある事が分かると思います。
浮気は決して許されることではありませんが、現在の日本では浮気は特に珍しいことではなく、ごく一般的に行われていると考えることが出来ます。

パートナーが浮気をしているかもしれないと不安になったら、下記のページを参考にして確かめてみましょう。