浮気を許す方法と気持ちの整理

浮気を許すための気持ちの整理方法

浮気を許す気持ちの整理
浮気をされた時に最も悩む部分は、あなた自身の心(気持ちの整理)でわないでしょうか?
信頼していたパートナーに裏切られた不信感は、長く心の傷として残ってしまうものです。
そんな時には、浮気が許せない「あなたの心の中」を理解することで気持ちに整理が付けられる場合があります。まずは、どうして浮気が許せないのかを冷静に考えてみましょう。
浮気が許せない理由が理解出来たら、今度はその気持ちを断ち切ることが大切です。
そのヒントをいくつか紹介させていただきます。

浮気が許せない気持ちの原因

許せない原因
浮気をされた時には、誰もが許せない気持ちになるものです。
でも少し冷静になって、どうして許せないのかを考えてみましょう。
許せない原因が複数ある場合も多いと思いますが、自分の気持ちに向き合って考えてみましょう。
自分の気持ちに向き合うことで、冷静に考えられるようになる方も多いようです。

本能的に許せない
人間が行う恋愛や結婚などは、お互いの気持ちが非常に重要な部分になります。
ただし人間も動物であるため、言い方は悪いかもしれませんが野性的な本能が残っています。
野性動物の本能としては、自分の子孫を残すことが交尾の目的であり、自分以外との性交渉や性交渉に発展しそうな行為が許せないのは、本能的な部分が気持ちとして表れている場合があります。
理屈じゃなくてとにかく許せないと感じる場合には、本能的に許せない可能性もあります。
他の人に負けた嫌悪感
浮気をされた時の心理として、自分は浮気相手に負けたと考えてしまうものです。
負けた自分が情けないと考え落ち込んでしまう人や、負けた浮気相手に許せないという感情を抱くことも珍しくありません。
多くの人は自分だけが恋愛対象として見られたい欲求があるため、他の異性と比べられたことも許せないと感じる場合もあるようです。
一時は浮気をしたが最終的に私の所に戻ってきてくれたということは、浮気相手に勝っていると考えを改めることで、納得ができる方も居るようです。
不潔さ、汚らしさ
他の異性と深い仲になっていたり、セックスをしている所を想像してしまうと、不潔に感じたり汚く感じてしまう方が多いようです。
そのため相手の事が許せなかったり、好意が無くなることも珍しくありません。
このような感情を消し去るには、少し時間が必要な場合も多いようです。
裏切られた喪失感
恋愛感情はお互いの事を信用出来て初めて成り立つものです。
そのため信用していたパートナーに裏切られる行為は、許す事ができず憎しみに代わる場合もあります。また、裏切られた気持ちが喪失感に代わる場合も多いようです。
相手が浮気したことを本当に反省しており、その気持ちが伝わった時に許す事ができるかもしれません。
自分の存在を否定された悲しみ
恋愛中であればだれもが相手にとって一番であり、大切な存在でありたいと考えているものです。
浮気された場合には、自分は相手にとって必要ない存在、大切な存在ではないと考え、自分の存在価値が打ち消された気持ちに襲われる場合があります。
他人に必要にされたいと強く思う、尽くすタイプの方に多い傾向になります。

浮気を許す考え方や心の持ち方

許す方法
浮気を許すためには、まずは冷静になって自分を見つめ直す必要があるでしょう。
感情的になってしまい、全て相手の責任にしたり聞く耳を持たなくなってしまっては、2人の関係の修復は困難です。
浮気をした相手が悪いことに間違いはありませんが、自分自身の足りなかった部分を考え、今後の為の経験と割り切れるポディティブな考えが必要になります。
起ってしまった浮気はもう無かったことには出来ません。
今後のことを考える気持ちの切り替えが必要になるのではないでしょうか?

自分にも非がある事を認める
浮気をしてしまったパートナーが悪いことに間違いありませんが、一方的に浮気をした事実だけを責めても解決は出来ないでしょう。
浮気の原因は自分にはないのかをよく考え、自分の非を認めることで気持ちの整理が付く場合があります。
自分の行動や態度が相手にとって愛情を感じるものだったのか。自分といる時間が本当に楽しく充実した時間になっていたのかを考えてみましょう。
常に笑顔で相手に接することが出来たいたかをもう一度考えてみまる必要があるでしょう。相手に対して感謝の気持ちが伝わらなかったことが原因で、浮気に癒しを求めるケースは十分考えられます。
浮気されたのに自分の非を認めるのは難しいもしれませんが、男女が長く一緒にいつことはそれくらい難しいことなのです。最終的に自分の非を認める事ができれば、浮気を許す事ができるでしょう。
未来の事を考えてみる
浮気をされた直後には感情的になり、相手を許すことは出来ない方は非常に多いでしょう。
その気持ちのまま生活を続けることは、あなたにとっても相手にとっても決してよい未来は存在しません。
今のまま生活を続ける以外の解決策は「浮気を許す」か「別れる」の2つしかないのです。
「浮気を許せた後の生活」と「別れた後の生活」を冷静に考えてみてください。
浮気を許す事ができた後の関係を望んでいるのであれば、あなたは浮気を許すための気持ちの整理を付ける必要があります。
過去の過ちばかり引きずるのではなく、未来を見て考える前向きさが必要です。
一つの経験として割り切る
現在結婚をされている場合はもちろん、今後の結婚を考えている男女であるならば、長い人生いろいろな試練があって当然です。
夫婦になれば2人で力を合わせて、様々な問題を乗り超えていかなければいけません。
「今回の経験を2人の試練の一つと考え一緒に乗り越える」と前向きにとらえる事ができれば、浮気を許す事ができるかもしれません。
子供のことを考える
子供の居る夫婦の場合であれば、子供の事を考え浮気を許す一つの理由にすることもできるでしょう。
あなたにとっては許すことが出来ない浮気であっても、子供にっとっては2人で両親なのです。
仲が悪い両親に育てられる子供は、育児にも悪影響を及ぼしかねません。
貴方たちが選んだ相手と結婚して、あなたたちの意思で作った子供です。
その子供の事を最優先に考える事ができれば、自分の気持ちに整理が付けられる場合があります。
第三者に話しをする
浮気だけではありませんが、心の中に溜まった不満を誰かに吐き出すことで、気持ちがすっきりし楽になる場合が多いようです。
特に女性の場合は、相手に共感してもらえると満足しやすい傾向にあります。
浮気の場合には他人に話しにくいと感じる方も多いようですが、信頼できる相手や同じような経験をしている相手に相談をしてみると良いでしょう。
自分自身で許すと決心する
最終的に浮気を許すためには、あなた自身の強い意志で決心することが必要です。
自分自身の至らないところを認める必要もありますし、傷ついた心と向き合うことも必要です。そのため、非常に勇気が必要な行動になります。
最終的に自分自身で許す決心が出来れば、その時点で浮気を許す事に成功できたと言えるでしょう。

具体的な条件を付けて浮気を許すきっかけにする

浮気を許すきっかけ
最有的に浮気を許すときには、何かきっけけが無いと決心がつかない場合がります。
そのような場合には、「あなたが○○をしてくれたら浮気を許す」と条件を付けることで決心が付けやすくなる場合があります。
結婚をしていない男女の場合には、「海外旅行に連れってってくれたら浮気を許す」、結婚をしている夫婦の場合には、「3か月間お小遣いを半額にするなら浮気を許す」など相手に罰を与えて自分自身で納得する方法です。
相手に出す条件は様々ですが、貴方だけが損をしたと感じなくなるような条件で、相手にとってもギリギリ呑めるような条件が良いでしょう。