自分で浮気を調べる方法

浮気を疑ったら自分で調べることは可能か?

浮気を自分で調べることは可能か?
パートナーの行動がおかしい。浮気をしているかもしれない。このような疑問を持ったら、自分でもある程度浮気を調べる事が可能です。
全ての浮気を調べることは出来ないかもしれませんが、浮気をしている以上必ず何かの証拠が残っているものです。
このページでは自分で行うことが出来る浮気の調査方法を紹介しています。
浮気を隠れて調べることに罪悪感を持たれる方も多いようですが、浮気をしている人が悪いのであってあなたは被害者であることを忘れないでください。
また浮気をしていない方は、たとえ調べられても怒ったりすることは無いと考えられます。

自分でできる浮気の確認方法

浮気の確認方法
浮気を自分で調べることは、相手に気付かれない程度に抑えて調べる事がコツになります。
浮気を調べて行くうちに不安になってしまい、相手に気付かれてしまうような方法まで行ってしまう方も居るようですが、今後の2人の関係を考えた場合には得策ではありません。
相手のプライバシーを侵害してまで調べてしまうと、信頼関係が崩れてしまい、復縁が出来なくなってしまう場合も考えられます。
また離婚を前提に浮気を調べている場合には、確かな証拠後必要になるのですが、浮気を調べていることが一度ばれてしまうと、プロの探偵に頼んでの調査が難しくなることがあります。
どちらにしても、相手に気付かれない程度の調査に留めておいた方が良い結果になるでしょう。

財布やカバンの中を確認
財布やカバンの中には浮気の証拠が多く残っている場合があります。
さすがにラブホテルのレシートや領収書が出てくることは稀ですが、ポイントカードなどが出てくることは有るでしょう。ラブホテルのポイントカードはホテル名などが入って居ないことが多いですが、そのような怪しいカードが出てきたら要注意です。
その他には水族館やテーマパークの入場券、おしゃれなレストランのレシートなどが出てきた場合には、異性の存在が強く疑われます。
通常は同性と行かないような場所に出入りしてる痕跡があった場合には、浮気をしている可能性が考えられます。
夜のお店の名刺などが出てきた場合には、そのような女性と浮気をしている可能性もあります。ただし付き合いで行っている場合もありますので、すぐに浮気と決めつける事は出来ません。
怪しいメモ書きや電話番号が出てくることもありますので、そのような場合は念のため携帯で写真でも撮っておきましょう。
携帯電話を確認
携帯電話の中にはかなりの確率で浮気の痕跡が残っています。
最近ではメールやラインで連絡を取り合う浮気が非常に多いため、浮気を確かめるには最も確実な方法です。
ただし携帯電話の中を確認することをマナー違反と考える方も多いので、お互いの信頼関係が壊れてしまう可能性も否定できません。
他の証拠で浮気がほぼ黒の場合でしたら、お互いに話し合いをして確認させてもらうのが良いでしょう。
頑なに拒む場合や逆切れをする場合には、浮気をしていると判断することが出来ます。
最近では携帯にロックを掛けている場合が多いので、勝手に見ることは難しいくなっていますが、メールやラインを着信したときには、最初の数十文字がポップアップとして表示される設定になっている場合もあります。
この程度であれば、偶然見てしまったという言い訳が通用するかもしれません。
携帯電話の確認は、諸刃の剣である事を理解して慎重に調べるようにしましょう。
車の中に痕跡がる場合もある
浮気の移動手段を車で行っている場合には、証拠が残っている場合が多いようです。
車の中に残された口紅やアクセサリーなど、異性が車に乗った痕跡を探すのは有効ですが、これはもう一昔前のテクニックです。
最近ではナビに目的地の履歴だけでなく、走行の履歴が残せる機種も多くなっています。常時録画を行える機能があるドライブレコーダーもあり、それらを調べることで浮気をしていたかを確認できる場合があります。
その他には財布の中と同じく、デートの痕跡が残っている場合もありますので、一度調べてみると良いでしょう。
知人に協力してもらう
少し危険な方法になりますが、知人に協力をしてもらうことが出来れば、有利になる場合もあります。
例えば残業や休日出勤の事実は、会社の知り合いがいれば確認することが可能です。
また友達と出かけてくると言って出かけたときには、本当にあっていたかを確認することもできるでしょう。
ただし、あなただけでなく浮気相手とも仲が良い可能性が有るだけでなく、頼んだ相手が浮気相手だったなんてことにならないよう、協力をお願いする相手には十分注意する必要があります。
浮気の大部分は身近な人物と行われていますので、協力相手は本当に信頼できる相手にお願いしましょう。
クレジットカードの明細
クレジットカードの利用明細を確認する頃が出来れば、浮気の痕跡が残っている場合があります。
ラブホテルでの利用履歴は分かりやすいのですが、オシャレなレストランやプレゼントを買った証拠が残っている場合もあります。
同じようにETCの利用履歴でも、ある程度浮気の有無が分かる場合があります。

積極的に浮気を調べる

浮気を調べる、調査
浮気をしているのかがなかなかわからない場合には、積極的に浮気を調べることも方法の一つです。
本当は浮気をしていない相手であっても、あなたの中で疑いが消えない場合や、浮気の痕跡を消すのが上手い方には有効な方法になります。
相手が残した痕跡を探すのではなく、こちらから積極的に行う調べ方を紹介します。

ボイスレコーダーを仕掛ける
浮気の移動手段が車の場合であれば、車の中にボイスレコーダーを仕掛ければ、浮気を確認することが可能です。
昔は盗聴器が一般的でしたが、現在はメモリー容量が大きくなっていますので、1日ぐらいでしたが十分録音が可能になってきました。
留守中の自宅に連れ込んで浮気している場合にも使うことが出来る方法です。
GPSをレンタルする
探偵事務所などでGPSの発信機をレンタルすることが可能です。
GPS発信機を車などに設置すると、あなたのスマホやパソコンで何処にいるのかを確認することが可能です。
また動きの履歴も残るため、ある程度浮気の有無を確認することが可能です。
レンタル料金には差がありますが、一か月で50000円位からレンタルが可能なようです。
アプリやicloudを利用
相手の携帯にアプリをインストールすることが出来れば、相手の居場所や着信履歴などをあなたがパソコンやスマホで確認できる浮気調査アプリなどがあります。
「やましいことが無いのなら何故嫌なの」などと、相手を言葉巧みに誘導することが出来れば、浮気をしているかが確認できる場合があります。
ただし、他人の携帯に勝手にアプリを入れて監視をすると、違法性がある場合が有るので注意してください。
アイホンのicloudを使用すれば、携帯電話を探す機能を利用して位置情報を確認することが出来ます。
位置情報を確認することが出来れば、GPSレンタルと同じように浮気の確認をある程度行うことが可能です。
最終手段として罠を仕掛ける
罠というと聞こえは悪いのですが、浮気をしやすい環境を作ってあげる方法です。
例えば、一泊で実家に帰らないといけない用事があると伝え、意図的に浮気が可能な時間を作ってあげましょう。
その間に浮気をしている痕跡が無いかを確認することで、確認ができる場合があります。
例えば財布の中のお金がどれだけ減っているかを確認したり、助手席に荷物を置いておいて動いていないかを確認することは有効な方法になります。

自分だけでは調べる事が出来ない場合や離婚を考えている場合

探偵に依頼する方法もある
自分で浮気を調べるにはある程度限界があります。
やり方が難しかったり分からない場合もありますし、時間的に難しい場合も多いようです。
また離婚を前提に考えている場合には、しっかりとした証拠が無いと離婚が出来ない場合も考えられます。
パートナーや浮気相手に慰謝料の請求を考えている場合も、裁判で通用するような証拠が必要になる場合があります。

自分で調べる事が難しい場合や、離婚や慰謝料の請求を考えている場合には、探偵事務所に調査を依頼するという選択もあります。
探偵に浮気調査を依頼するのページで詳しく説明しています。
探偵事務所に調査を依頼した場合には、あなたでは調べる事が出来なかった浮気の有無をかなり高確率で調べる事が可能になります。
探偵事務所に依頼するのは、少し敷居が高く感じる方も居るようですが、浮気の調査依頼は意外にも多いようです。
どうしても浮気の不安が消えない場合には、探偵事務所に相談をしてみましょう。

自分で浮気を調べる最大のデメリットは、あなたが浮気を疑っていることが相手にバレる可能性が高いことです。
浮気を疑っていることがバレてしまうと、浮気をしばらく辞める場合が多いだけでなく、浮気を続ける場合でも警戒心が非常に高くなります。
このような状態になってから探偵に依頼しても、調査が出来ない場合や時間が掛かる場合が多くなります。
離婚や慰謝料の請求を考えている場合には、探偵に依頼することをお勧めします。